株式会社マグネスケール || マグネスケール、レーザスケール、デジタルゲージの設計・製造・販売・サポート

SmartSCALE

スケールの新常識が工作機械を変える

先端の高分解能5nmとベアリングレスの非接触構造を同時に実現。相反する課題を新技術で解決したスマートスケールがエアパージ不要の新常識を提供します

  • オープン型化に伴い、大幅なダウンサイジングを実現
  • ベアリング、スプリング等の可動する機構部品を廃止することで製品自体の信頼性を向上
  • 検出ヘッドとスケール部の間隔を保ちながら5nmの高分解能を実現
5nm

要素技術の新開発により5nmの高分解能を実現

 

磁性体の新開発

スケール部の磁性媒体は組成や磁性体密度を変更し、さらに生産方式も改善することで、磁気出力を30%向上することに成功

最先端のTMRデバイスを採用した新開発の高感度センサ

最先端のスピンバルブ方式のTMRデバイスの開発により、従来比10倍の高感度を持つ低ひずみセンサを実現

新内挿算出方式

新開発の内挿算出方式と高分解能化により、大幅な内挿精度の向上と5nmの高分解能を実現

IP67

エアパージ不要の密閉

 

IP67の密閉構造

検出ヘッド面とスケール磁気面を金属板でプロテクトし、従来の2倍近くの間隔を実現。検出ヘッド側は接着によって、スケール磁気面側は溶接によって完全に封止し、異物の侵入リスクを排除

SmartSCALE